授かりたい女性が選ぶ人気のサプリランキングを編集メンバーがまとめました!⇒ こちら

 

 

自分の妊娠力を確認しましょう!

子宮や卵巣に問題がないか?

妊娠したいと思ったら、まずは自分の体が妊娠出来る体に
なっているのかどうか確認しておくということがとても大切です。

 

一番大事な子宮や卵巣はどのように働いていればいいものなのでしょうか。
まず、子宮や卵巣がきちんと働いているのを確認する必要があります。

 

どのように確認するのかというと、毎月生理がきちんと毎月きているかどうか、
周期は定期的にあるのか、排卵は行われているのかどうかを確認する必要があります。

 

排卵は毎日きちんと体温を測っていればいつ行われているのか

チェックすることが出来ますので、自分のできることから
チェックしていくと良いでしょう。

 

生理の量がとても多かったり、生理痛が激しいのか
どうかなどのチェック項目にあてはまります。

 

どれか一つでも気になることがあれば、妊活している時に
婦人科で一度体をチェックしてもらうというのも良いでしょう。

 

冷え性・ホルモンバランスについて

妊娠するには、体温調節や血液循環などもきちんと
作用していなければならないですが、冷え性の人は
この体温調節と血液循環がうまくいっていないことがあります。

 

また、冷え性があると、ホルモンバランスが崩れてしまい、
結果的に妊娠しにくくなっていることもあり得ます。

 

自分の妊娠力をあげるためにも、またホルモンバランスを整えるためにも、

まずは冷え性を改善していくことが良いでしょう。

 

冷え性の改善は、自分でもできることはたくさんあります。
例えば体の冷えるものを好んで食べないようにしたり、
靴下は必ず履くなど気を付けることはたくさんあります。

 

リラックス効果があったり血行促進にとても効果的な
ハーブティーを飲むというのもおすすめです。

 

毎日の生活の中で、出来るだけ体を冷やさないようにする、
ということを心掛けて生活していくとより妊娠に近づいていくものと思われます。

 

 

生活習慣を整えること

 

妊娠力をあげたいと思ったら、まずは生活習慣を見直す
ということからスタートさせることが良いでしょう。

 

規則正しい生活や、バランスの良い食事を摂取するという
当たり前のことが、なかなかきちんと出来ていないことが多いと思われます。

 

自分の食べたものを書き出して、どんな栄養素が不足して
いるのかなどをあらためて確認してみたりすると、

より何を食べているのか知ることが出来ます。

 

冷えは妊娠に大敵なので、体の冷えるものを摂取していないか、
血流を促進できるような食べ物を摂りいれられているかなどを
改めて見直すと良いでしょう。

 

体を冷やしにくい食べ物としては、赤い色の食べ物、
たとえば牛肉の赤身やトマトやパプリカなどがあり、
他には寒い地方でとれる食産物のにんじんやゴボウ、
レンコンなども良いとされています。

 

さらに薬味として使用できるものなどもに良いとされています。

 

 

パートナーと協力していますか?

 

どんなに妊娠を望んでいても、パートナーが協力的ではないと、
なかなか妊娠にたどり着かないこともあります。

 

妊娠するということを、あらためて話し合ったり、
子供が出来たあとの事を思い浮かべてみたりしながら関係性を

良好にしながら望まなくてはならないものと思われます。

 

また、なかなか妊娠できないと、女性の方はストレスを
抱えてしまったり、焦りなども出ることもあります。

 

そのような時にパートナーが良い対処法を見つけてあげることも
大切となってきます。妊娠することを一緒に頑張るという姿勢を
パートナーが見せるということが最も大切とも言われていまし、
共感してもらえると、救われると感じる人が多くいるようです。

 

ストレスになることは体にとても良くないことなので、
2人の関係性をよくすることで、ストレスを抱えず、
より妊娠するということに近づいていけるのではないでしょうか。

 

基礎体温の正しい測り方とは

 

妊娠を望んでいるのであれば、毎日きちんと基礎体温を測る
ということが大切になります。

 

基礎体温を測るのは、家にある普通の体温計ではなく、

女性用の婦人体温計をきちんと使用した方が良いでしょう。

 

基礎体温を測ると、高温期、低温期、排卵している時期が
きちんと分かり、より妊娠できる時期が分かるようになります。

 

基礎体温は正しい測り方というものがあり正しく計測して
いなければ意味がありませんので、きちんと計測する必要があります。

 

朝起きて動く前に測ること、測っている間は安静にしながら
測るようにすること、毎日できるだけ同じ時間に体温を
測ることなどをきちんと守りながら正しく基礎体温を測ると良いです。

 

基礎体温を付けて、自分のからだをきちんと知るということが
妊娠に近づく第一歩ということと言えるでしょう。

 

毎日面倒で大変と思うこともあるかもしれませんが、頑張って測るようにしましょう。

 

 

基礎体温表ってつけた方がいいの?

 

妊娠するにあたって、基礎体温を測る必要性は
とても重要なことですが、体温を測った後には、
きちんと基礎体温表を付けるようにした方が良いです。

 

体温計の中に記録できるものもあるかもしれませんが、
病院へいって医師に基礎体温を見せるのであれば、
基礎体温表の方が分かりやすいです。

 

また基礎体温表をみると、低温期ばかりが続いていたりする場合
妊娠できない原因を掴めることもあり、早めに対処していけるということもあります。

 

また時に別に病気が発見されることもあります。

ですから、基礎体温表を付けるということは、

とても重要といえることといえるのです。

 

また基礎体温表をつけていると、妊娠検査薬を使用する前に
妊娠を発見することも出来ます。

 

妊娠検査表を付けてもグラフの意味が読めないと困りますので、
でどのようになったら妊娠しているなどは事前にきちんと勉強して
理解してから表をつけ始めるとよいでしょう。

 

 

排卵日を予測してタイミングを

排卵日を予測することが出来ると、妊娠するチャンス増えるため、
妊娠力を上げるためにはきちんと基礎体温表を付けて、
排卵日を予測すると良いです。

 

その他にも、体温計に排卵日が出るようになっていたりする

ものもあり、簡単排卵日を知る事も出来ます。

 

計算して排卵日を予測するのであれば、前回の月経の開始日と
月経周期などを入力すると排卵日を計算してくれる無料のソフト
などもインターネットサイトにはたくさんありますので、
使ってみると良いでしょう。

 

また希望の性別の赤ちゃんの産み分けなどを排卵日で知ることが
出来るようなソフトもあります。

 

しばらく排卵日を予測してみて排卵がきちんと起こっていなかったり、
月経周期がバラバラになっていたりするような場合には、
そのまま続けるのではなく、医師に相談する必要が出てくることもあります。

 

そのような場合には病院へ行って医師に相談することも大切です。

 

 

排卵検査薬の利用が基本とは

 

排卵検査薬とは、妊娠の確率をあげるために、いつ排卵するのか
ということが分かる検査薬です。

 

薬局などで簡単に手に入れることが出来ます。
しかし排卵検査薬にもいろいろな種類があり、
排卵日前から陽性反応が出てしまうものもあります。

 

ですから出来るだけ正確に排卵日を確定してくれる
排卵検査薬を選ぶことも大切といえるでしょう。

 

どのようにして排卵が分かるのかというと、尿から調べることが
できる黄体ホルモンや卵胞ホルモンによって排卵日を調べることが出来ます。

 

これも検査薬によっては黄体ホルモンだけから調べられるもの、
両方から調べるものなど内容も異なります。

 

価格も1回の費用が70円程度から700円程度まで幅があり、
何回も検査できるタイプのものは格安となっているようです。

 

妊娠の確率をあげるために、排卵検査薬を使用して正確な排卵日を知ると良いでしょう。

 

タイミング法で確率アップ

 

タイミング法とは妊娠を希望している人が、排卵の時期に
性交を行う方法のことを言います。

 

妊娠とは、精子と卵子が出会うタイミングが合わなければ妊娠することが出来ません。

 

排卵のタイミングはホルモンのバランスで決まってしまうので、
時期をきちんと見極める必要があるのです。タイミング法とは、
そのタイミングを合わせてあげる方法です。

 

少しでもそのタイミングがずれてしまうと妊娠の確率は減ってしまいます。

 

自分でタイミング法を試してもなかなか妊娠しないような場合には、
早く妊娠を強く望むのであれば、産婦人科などで
タイミング指導を受けて、実践すると良いでしょう。

 

病院へ行けば超音波でみてもらったり、基礎体温をチェックする
などしてもらうことも出来ますのでより特定の日が確実に知ることが
出来るようになるでしょう。

 

タイミング法に何度か挑戦してなかなか妊娠しない場合には、
病院では次に人工授精などのステップアップを進められる場合もあります。

 

35歳以上の方であれば、 一度病院で検査を受けましょう

 

妊娠を望んでいる場合、35歳以上の年齢であるならば、
すぐにでも病院で一度検査をしてもらった方が良いでしょう。

 

35歳という年齢になると、20代の時などと違って妊娠率も低下すると言われているからです。

 

すぐに自然妊娠出来ればよいですが、
35歳以上ですと自然妊娠の確率は10〜15%程度になってしまいます。

 

また、卵子も年齢を重ねるとどんどん老化していってしまうため、

35歳以上で妊娠を望むのであれば、
すぐにでも病院へいって検査をして一番妊娠に近い方法を
医師に相談する方法が妊娠率をあげる方法なのです。

 

もしも35歳まで何年も自然妊娠していないのであれば、
不妊検査も行ってもらう方が良いです。

 

妊娠できるかどうかは年齢で決まるといっても過言でないため、
35歳以上になっていて不妊治療をするのであれば、
できるだけ急いで治療をスタートさせた方が良いでしょう。

 

 

 

 

妊娠しやすい体づくり

生活習慣がとても大切です!

妊娠しやすい体を作るためには、生活習慣がとても重要になってきます。
一番大切な食生活ですが、一日三食きちんと同じ時間に摂取するということがとても大切です。

 

また、太るからといってご飯などを抜くと女性ホルモンが

きちんと作られませんので蛋白質や脂肪、
炭水化物をまんべんなく摂ることが必要です。

 

特に女性ホルモンの働きを助けると言われている海藻類や
黒ゴマ、大豆、乳製品、赤身肉などは意識して
食べるようにすると、妊娠しやすい体を作ることが出来ます。

 

加工食品は体によくないので、レトルト食品やカップラーメンなどの
塩分が多いものは控えた方が良いでしょう。

 

また食生活の他にも質の良い睡眠を取ることも妊娠するにあたってとても大切になります。

 

ホルモンの分泌を活発にさせるためにも、ゴールデン時間と
言われている夜10時から夜中の2時の間はきちんと睡眠を取った方が良いでしょう。

 

食事改善・食事療法

 

妊娠しやすい体にするためには、それまで食事に気をつかわず
好きなものを食べてきたのであれば余計に食事を改善していかなければならないです。

 

妊娠しやすい食べ物というのは栄養のバランスの摂れた
食事というのは必須ですが、特に赤い食材と黒い食材が良いと言われています。

 

赤い食材には、血液を増やしてくれる作用があり、

促進してくれる作用もあります。

 

トマト・ニンジン・牛肉・ラム肉・パプリカ・
クコの実などを積極的に摂取すると良いです。
黒い食材はホルモンを高めてくれる作用があると言われています。

 

黒ゴマ・黒豆・黒米などがあるので、毎日の食生活に取り入れ、
食事療法していくのも良いです。

 

特に朝ごはんをきちんと食べるということはとても重要なので、
あまりお腹がすいていないからと朝抜いたりせず、
きちんと三食食べることも心掛けていくと、よりよい食事改善が出来るようになるでしょう。

 

適度な運動

 

妊娠したい時には適度な運動も必要と言われています。
なぜ必要なのかというといくつかのメリットがあるからです。

 

どのようなメリットがあるのかというと、血行促進が促されると

冷え性が改善するからです。

 

体が冷えていると卵巣や子宮が機能低下していまうことがあるため、
出来るだけ体は温めた方が良いとされているからです。

 

また、他には運動すると、ホルモンバランスが整うとも言われています。
生理不順などがありなかなか妊娠しずらくなっている人などは、
運動をしてホルモンバランスを整えるとより効果が期待されるでしょう。

 

適度な運動といっても激しい運動をたくさんする必要はありません。
妊娠するにあたってお勧めな運動はヨガ・ストレッチ・ウォーキングなどが挙げられます。

 

自分が毎日続けやすい運動を選んで続けていくと良いでしょう。
無理のない範囲から始めるのが、運動を持続させるコツでもあります。

 

夫婦生活を楽しむ

 

妊娠を望むのであれば妊娠しやすい体つくりもとても大切ですが、
夫婦生活の回数や満足度をあげるということがとても大切になります。

 

夫婦生活を楽しむことができると妊娠率も高くなるとも言われています。

 

強く妊娠を望む場合タイミング法などをする場合がありますが、
どうしても医師に決められた日に性交をするようなタイミング法など
を続けていると、決められている日に夫婦生活をするため、

男性などは特にプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

 

男女ともにプレッシャーを感じてしまうと、
夫婦生活じたいがストレスになってしまうため、
なかなか妊娠に結びつかないという事になりかねません。

 

ですから、できるだけ気楽にというのは無理があるかもしれませんが、
満足度の高い夫婦生活をするということが大切になります。

 

タイミング法で決められた日だけでなく、
自分たちの好きな日に夫婦生活を楽しむというのも大切といえます。

 

妊娠しやすい年齢

 

一般的に妊娠しやすい年齢は20〜34歳くらいまでと言われています。
一番妊娠しやすい時期は25歳以下と言われていて、
毎月の妊娠率は30%くらいと言われています。

 

ですから20代では若ければ若いほど妊娠率が高くなるのです。
しかし、35歳をすぎると卵子が極端に減ったり、老化してくると言われています。

 

卵子の数は一生あるわけではなく決まっていて、

どんどん減っていってしまうのです。

 

ですから妊娠を望むのであれば、年齢はとても大切になります。

 

最近では初めての出産の平均年齢が30歳とも言われているため、
まわりのスタートが遅く30代の出産も珍しくないですが、
いつでも妊娠できると思っていると、卵子の老化が始まる
35歳を迎えることになってしまのです。

 

妊娠しやすい年齢は20-34歳と言われていますが、
妊娠率は年齢を重ねれば重ねるほど下がってくることも忘れないようにした方が良いです。

 

妊娠確率

 

妊娠の確率というのは年齢によって変わってきます。

 

どのように変わってくるのかというと、
自然妊娠の確率は、
20代の場合ですと25%〜30%。

30歳から34歳までも25%〜30%くらいありますが、
35歳をすぎると卵子が老化してくると言われ
急に妊娠率が下がり10%〜18%ほどに落ちます。

 

さらに40歳になると妊娠率が5%、
44歳くらいになると1%くらいになり
ほとんどないくらいの状態になってしまいます。

 

ですから妊娠を望む場合には年齢はとても重要なのです。

 

いつまでも妊娠できると思っていると、なかなか妊娠できず、
結果的に不妊治療をしなければならないということになったり、
授かることが出来なかったということにもなりかねないです。

 

ですから妊娠の確率などもよく考えて、子供が欲しいのであれば
きちんと行動していくということが大切になります。

 

 

不妊症について

不妊症の原因の約半数は男性にもあります

 

不妊症には原因が女性の場合と男性の場合があり、
約半分は男性が原因で不妊症になっていることがあります。

 

男性が不妊症の場合は先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のものは生まれ持っているもので、遺伝的に要因が
あるものだったり、発育の途中で要因があり不妊になっている場合です。

 

後天的な場合はストレスや病気などの機能障害などが
あることから不妊の原因になっている場合があります。

 

男性の不妊症の原因で9割にあたるものが精子を
うまく作り出せず機能自体に問題がある場合です。

 

無精子症・乏精子症・精子無力症に分類されます。

 

無精子症の場合一匹も精子がいない状態のため
全く妊娠できないのかと思われがちですが、
精巣や精巣上体にも精子がいる場合があり、
そこに精子が存在すれば、不妊治療をすることにより受精することが出来ます。

 

不妊症の11%は原因不明?

 

なかなか妊娠しないことで不妊症となり、いろいろな検査を
してもこれといって異常なども見当たらないことがあります。

 

さらに、タイミング法などを行っても妊娠しない場合があります。
このように11%くらいは原因不明の不妊症の場合が考えられます。

 

そのような場合にはさらに細かな検査をして
どこに原因があるのか追求します。

 

それでも妊娠しない場合でどうしても強く妊娠を望む場合には、
人工授精や体外受精を行っていきますが、それでもなかなか妊娠に至らない場合もあります。

 

そのように原因不明の不妊症を機能性不妊といいますが、
治療をせずに機能性不妊の場合の妊娠率は3%くらいとも言われています。

 

原因は不明となっていますが、その原因としては、
生活環境や飲酒習慣、月経不順や卵巣機能不全、加齢、
子宮の病気などによる原因が何らか考えられるとも言われているようです。

 

先天的な原因はごくわずかとも言われています。

 

二人目不妊・生理不順・授乳中でも妊娠する方法って

 

一人目を妊娠できても、二人目がなかなかできない二人目不妊や、
生理不順で妊娠できない場合、授乳中であるために妊娠できない場合などがあります。

 

それでも妊娠する方法としては、二人目不妊の場合一人目を
自然妊娠すると二人目も自然にと考える人は多いでしょう。

 

しかし二人目が同じように自然妊娠できるとは限らない場合があります。

 

年齢も一人目を出産した時よりは年をとっています。
少しでも早く二人目を妊娠したい場合には、
出来るだけ早く病院へいって検査などをして不妊症の相談するのが良いです。

 

また生理不順の場合にもきちんと生理が来るように
まずは病院へ行き、治療するのが先決です。

 

授乳中に二人目がどうしても欲しい時には、授乳していると
プロラクチン値が高くなるために生理が来るのが遅れてしまうため、
早めに断乳してミルクに切り替えるなどすると妊娠するのが可能になるでしょう。

 

二人目を妊娠したいなら

 

二人目を妊娠したいと思ったら、
まず一人目を出産した時の年齢がいくつになるのか
ということをきちんと考えておいた方が良いです。

 

女性は35歳をすぎると卵子の老化がはじまるために、
二人目を妊娠したいと思っても卵子が老化していることにより
妊娠しづらいこともあるからです。

 

年齢によってはすぐに妊娠を計画をしなくてはなりません。
また、一人目は自然妊娠をした場合には、二人目も自然妊娠できると思いがちです。

 

ですから病院へ行って相談するということもあまり考えることなく、
毎日夫婦生活だけを重ねて、それでもなかなか妊娠しないという
日々を過ごすことになることもあります。

 

しかし、一人目を自然に妊娠できても、
二人目は自然に出来ないこともあるため、半年以上妊娠
できないような場合には、出来るだけ早く病院で不妊なのか
どうかの検査などをしてもらうようにすると良いでしょう。

 

 

20代で妊娠できないときは?

 

1年妊娠できないときは産婦人科受診を

 

1年間避妊をせずに夫婦生活を行っていても、なかなか妊娠
できない場合には、不妊症なので産婦人科へ受診した方が良いです。

 

1年以上待って何年もできないから不妊症なのかもしれないと
思うのは見解違いで、それはもうれっきとした不妊症なのです。

 

普通、自然妊娠できる確率は半年で7割くらいあると言われています。
1年あれば9割くらいが妊娠するとも言われています。

 

ですから1年妊娠に至らないには、何か原因があると考えた方が良いでしょう。

 

不妊症の原因はさまざまありますが、女性側が原因の場合や、
男性側に原因がある場合もあります。

 

検査しなければわからないこともたくさんあるため、きちんと産婦人科で
検査などをしてもらった方が良いのです。

 

中には検査をして原因がこれと言ってない場合でも、
妊娠に至らないという原因不明の不妊症などもあります。
年齢を重ねれば重ねるほど妊娠率は低下していきます。

 

 

男性も精液検査受けてみましょう

 

なかなか妊娠にいたらない不妊症の場合には男性女性どちらかの
側に原因がある場合があります。

 

男性側に原因があるかどうかの検査は、
男性の精液検査をすることで分かることがあります。

 

検査の方法は、病院の精液採取室で採取することになります。
病院へ行く前の2〜7日くらいは禁欲期間をとってもらい、
検査に臨んでもらうことが多いです。

 

一度の精液検査では変動してわからないこともあるため、
少なくとも最低2回検査が行われることが多いです。

 

その日にすぐに結果を知ることが出来ますが結果が出るまで
少し時間がかかることがあります。

 

検査項目としては、肉眼で所見するしたり、精液量を採取して
測定したりします。また、精子の運動率や濃度もきちんと見る事で病気を発見することが出来ます。

 

検査結果で男性不妊症と分かれば、さらにイムノビーズテストなどの詳しい精液検査をすることもあります。

 

検査する際の注意ポイント

 

不妊症は病院で検査をして子宮や卵巣のトラブルはないか
チェックすることがありますがいくつか注意するポイントがあります。

 

子宮や卵巣の検査は月経周期に合わせて検査をするものと、
いつでも検査が出来るものがあります。

 

月経周期に合わせて検査をするものは、いつでもできるわけでは
ないことだけ注意して検査を受ける必要があります。

 

月経期には、ホルモンの検査や超音波の検査をします。
低温期にはホルモンの検査、超音波、通気検査、子宮鏡検査などがあります。

 

排卵期に行う検査としては、尿検査、超音波、フーナーテスト、
子宮頚管粘膜検査などがあります。

 

高温期にはプロゲステロンなどのホルモンの検査、子宮内膜厚の計測などをします。

 

これらのテストなどを月経周期にあわせて検査しながら、
どのようなところに不妊症の原因があるのかを
特定してから不妊症の治療に入る為、治療に入るまでには
少し時間がかかることなどが注意するポイントです。

 

子宮や卵巣のトラブルはないかチェック

 

不妊症の検査をするにあたって、子宮や卵巣にトラブルは
起きていないかどうかも実際に念入りにみていきます。

 

子宮は超音波を使用して実際に医師が子宮を見たり、
卵巣をチェックしたりします。

 

子宮が因子の場合には子宮内に筋腫やポリープが出来ていたり、
粘膜下筋腫が起こっていないかどうかの確認などをしていきます。

 

卵巣内に脂肪や液体などがたまることで腫れてしまっていたりする
卵巣嚢腫が出来ていることもあり、不妊の原因になることもあることから注意が必要です。

 

また、卵管因子の場合には、性器クラミジア感染症にかかっている
場合があり、自分では症状がないため気づかないことがあり、
それが原因で不妊症になっている場合もあるため、
さまざまなところまでチェックが必要です。

 

また卵管が閉塞していたりすることもありますし、排卵因子が原因ということもあります。

 

よく聞く子宮の病名・言葉

 

不妊症の検査をすることで、よく聞く子宮の病気などが発見され分かる場合があります。

 

妊娠に直接影響しやすい子宮の病名といえば
子宮筋腫・子宮内膜症・子宮内膜ポリープ・子宮頸がん・子宮体癌などが挙げられます。

 

これらの病気が不妊症の検査で発見されたとしたら、
まずは不妊治療の前に病気の治療をしていかなくてはならなくなるでしょう。

 

しかし直接妊娠に影響があまりないものも中にはあります。

 

子宮筋腫には3つの種類があり、
粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋腫の3つがありますが
妊娠に影響しやすいといわれているのは、このうちの2つで筋層内筋腫・粘膜下筋腫です。

 

この2つは着床するときに妨げをするおそれがあるといわれていますが、
漿膜下筋腫の場合ですと多少の影響と考えられるでしょう。

 

筋腫があると妊娠がしずらくなるため、大きさなどによりますが、
まず筋腫をとってから不妊治療をしていくケースが多いです。

 

 

 

妊活サプリおすすめランキング【2016年最新情報】

 ハグクミの恵み
 

業界トップクラスのマカ800mg配合
通常のマカの何倍ものビタミンやアミノ酸量を誇る日本産のマカを配合。
日本産のマカ使用がポイント
マカの中でも希少価値の高い「黒マカ」も配合

 

 ザクロの種子エキス・ショウガ・109種類の植物発酵エキス
温果実ザクロの植物性エストロゲンで月のリズムをサポート
夫婦で飲める妊活マカサプリ

 

 

期間限定60%OFF特別モニター募集中《毎月300名》

 

 


 

保証 価格 オススメ度
10日間 安心返金保証付き 初回 2,980円(税込) 1日99円  

>>ハグクミの恵み詳細はこちら<<

 

 妊活サプリkodakara
 

 

マカと葉酸と亜鉛がこれ1つ同時に摂取

 

体を温める「生姜や冬虫夏草、唐辛子」配合。冷え性の悩みがある人に

 

年齢で悩みの人にもおすすめの体や卵子のサビつき予防に抗酸化物質「αリポ酸とコエンザイムQ10」
愛媛県松山市で有名な「道後はり灸接骨院」での
治療実績と患者の声から作られた妊活サポートサプリメントです。

ポイント 価格 オススメ度
オールインワン妊活サプリ 初回 2,980円(税込) 1日99円  

>>妊活サプリkodakaraの葉酸詳細はこちら<<

 

 ベルタ葉酸サプリ
 

SHEILAさんや山本モナさん、春名亜美さんなど芸能人も愛用
 
酵母に取り込ませた「天然型酵母葉酸」を使用で吸収UP
27種類のビタミン・ミネラルを配合
15mgの鉄分・250mgのカルシウム配合
18種類の野菜配合

 

医薬品GMP工場で製造

ポイント 価格 オススメ度
放射能検査済み 定期便3980円(通常6980円が43%OFF)  

>>ベルタ葉酸サプリ詳細はこちら<<